BLOG
ブログ

一括査定サイトは、コールセンターのスピード勝負!

コールセンター2019.04.04 [Thu]

 

こんにちは。

データセレクト坂本です。

 

インバウンドからアウトバウンドまで、様々な案件を取り扱うコールセンターの現場。

「どうも効果がパッとしない」そんなお困り事を持ち込まれるクライアントの方々が陥りがちなのが、「電話することが目的になってしまっている」ということ。

そうではなく、大事なのは結果を出すこと。

 

何よりもまず、結果につながる目的を明確に。
そして、コールセンターは、その目的解決のための一手段なのは言うまでもありません。

そのために、データセレクトでは、受信、発信のみならず、臨機応変にプラスアルファのシステムや手法を取り入れてご提案しています

今回は、まさにそんな事例をご紹介しましょう。

 

 

お客様の心理を読んで、
素早く対応、先手必勝!

 

-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------

1. 一括査定サイト、その必勝法とは?
1-1. 選ばれるために、どこよりも早く電話を!
1-2. 専用コールセンターを持てない中小企業、その苦悩

2. 解決作は、スピード勝負のコールセンター!
2-1. 自動発信でどこよりも早く

3. まとめ
3-1.お困り事を今すぐ。結果を出すコールセンター

-----------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 

1. 一括査定サイト、その必勝法とは?

1-1. 選ばれるために、どこよりも早く電話を!

 

 

 

とある不動産会社A社の話。
大手ほどの規模や実力はないものの、地元密着が売りで実績も豊富。

お客様に来店していただければ、丁寧な接客で必ずやご満足いただけるはずと自負している中堅会社です。

 

ところで、手持ちのマンションや戸建て、土地の売却を考えた時、どうせなら高く売りたいと思うもの。
最近では、一括査定サイトを利用する方も多いのではないでしょうか。

 

基本的な不動産情報や個人情報を一度入力するだけで、複数の会社へ査定依頼ができるこの手のサイト。
お客様は各々の会社を比較検討して、一番条件のいい会社を選ぶことができるというわけです。

 

通常、このサイトで依頼すると、各々の会社からお客様へ電話が行き、査定内容や訪問アポを取り、営業マンが出向きます。

ここでお客様に選ばれるポイントは、言うまでもなく査定内容。

ですが“なんだかいい会社だな”“任せてみようかな”と思わせる電話対応も大切です

 

さらに最も重要なのが、“査定依頼から電話までのスピード” 

 

お客様には複数の会社から査定内容の電話が入るわけですが、一番初めにかかってくる会社の方が印象に残りやすく、何よりやる気が感じられて好感度は抜群。

 

査定内容で比較されることは承知の上で、さらに選ばれるポイントを稼ぎたい。
そのために各不動産会社は、早くお客様と接触できるようにと躍起になるのです

 

 

 

1-2. 専用コールセンターを持てない中小企業、その苦悩

 

全国に支店がいくつもあるような大手不動産会社ならば、専用コールセンターを持つことも可能でしょう。
査定依頼を素早く伝え、営業マンと連携してスムーズにアポ取り、受注へとつなげられます。

 

しかし、スタッフ数も限られた中堅どころのA社では、たとえ査定依頼が来たとしても、すぐに対応できずに放置…なんてこともしばしば
日中は店頭や外勤していることがほとんどですから、やっと電話ができるのは夕方や夜、もしくは後日。
それでは完全に遅れを取ってしまいます。

 

“せっかくいい査定内容なのに、選んでもらえない”!そんな風にチャンスを逃してしまわないために、A社はデータセレクトにコールセンター代行を依頼。

ならば、より早く、より確実に!とチャンスをモノにするシステムを導入しました

 

 

2. 解決策は、スピード勝負のコールセンター!

2-1. 自動発信でどこよりも早く

 

データセレクトが依頼にいち早く対応するためにご提案したのが「自動発信」のシステム

一括査定サイトに問い合わせメールが入ると、メール受信の信号から間髪入れずに電話を自動発信。することもできるのですが・・・

予算の都合で断念。

 

今回初の試みとして、メール受信をきっかけにパトライトを点灯。

貴社用に待機していたテレコミュニケーターが即時情報を確認しお電話する仕組みを構築しました。

 

 

査定サイトを今まさにクリックしたお客様は、やる気も気持ちもホットな状態のはずです。
そのベストなタイミングでお電話することで、成果を上げるという目的を達成することができました

 

 

 

3. まとめ

3-1. お困り事を今すぐ。結果を出すコールセンター

 

 

データセレクトは、「あとちょっと売上を伸ばしたい」そんなクライアント様の “もう一押し”のために、アイデアを絞ります

 

その根底にあるのは、常に張り巡らされたアンテナとシステムの模索、さらには豊富な経験値。
熟練のオペレーターが新人教育も自然と買って出る、そんな職場の雰囲気も、結果を出せる一因です。

 

そして、どんなお困り事にも伸びしろを見つけ、最適なご提案をさせていただきます。
ぜひ一度、データセレクトにご相談ください。

今回のご紹介はコールセンターの回線設計、ネットワーク設計からご提案が必要です。

データセレクト「坂本 大吉」指名でお問い合わせください。

 

コールセンターのページはこちら

 

お問い合わせはこちらより↓
0120-300-155

back to list

ARCHIVE