BLOG
ブログ

情報集計用語集 ア行

用語集2018.11.05 [Mon]

▼アフター・コーディング

自由回答に書き込まれた記述内容を分類してコード化する処理。コード化することにより定量的に集計することが可能であるが、選択肢設問よりもコストと手間がかかる。

 

▼アンケート

複数の人に同じ質問をし、それぞれの情報を収集する調査。アンケートの目的は例えば従業員満足度調査であれば、従業員の満足度を向上させたい、現状の不満などを改善したい。といったなんらかの目的があるはずです。アンケートの目的はそれぞれありますが、何らかの改善をしたいという意図のもとに行われることが多いです。

 

▼異常値

他の値から大きくかけ離れた値のことを「外れ値」と言う。異常値は外れ値の中で原因が分かっているものを言います。原因としては測定ミス、記録ミス、入力ミス等です。
極端に値が大きいからといって異常とは限らず、原因をよく考察する必要があります。

 

▼インターネット調査

インターネットを使用してWEBブラウザ上で回答してもらう調査手法。回答データはそのまま収集される為、データ入力作業が不要となる。設問内容に対して矛盾する回答組合せを制限しエラー回答を防いだ状態で調査を行うことができる。

 

▼円グラフ

円の全体を100%として、円の中心から選択肢の構成比によって分割したグラフ。種類としては分割円、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒付き円、ドーナツ等がある。

 

▼帯グラフ

グラフ全体を100%として、カテゴリや選択肢の内訳(構成比)を表示する帯状のグラフ。主に項目間の構成比を比較するために使用する。

 

▼折れ線グラフ

棒グラフにしたときの頂点を隣同士で直線で結んだ線のグラフのこと。

back to list

ARCHIVE