BLOG
ブログ

テレワークで働き方が変わる! 今、知っておきたいアウトソーシングの重要性

キャンペーン事務局2020.05.19 [Tue]

 

 

 

こんにちは、データセレクトの横内です。

 

 

新型コロナウイルスの影響で、否応なしに変わりつつある私たちの働き方。
政府が発表した「新しい生活様式」でも、「テレワークやオンライン会議で職場の人員を減らし、名刺交換もオンラインで行う。

電車やバスのラッシュアワーを避け、対面の打ち合わせの場合は換気とマスクを」と長期的な提言が出されています。

 

今回は、そんな中で、今後、重要な役割を担うであろう“アウトソーシング”についてお話しましょう。

 

 

 

 

1. アウトソーシングの役割

 

 

 

1-1. アウトソーシングで何ができるのか


 

 

さて、ビジネスシーンで登場する「アウトソーシング」と「外注」。この違いが何かわかりますか?

両方とも「外部に業務を委託する」という意味では概ね同じですが、依頼する側が求めるものが違います。

 

端的に言うと、外注はコスト面重視。自社ではやりきれない業務や大量案件を、安く効率よく行うための手段です。

 

一方、アウトソーシングは、高い専門性と提案力が要求されます。

 

業務の一部を担うことで、依頼会社のさらなる発展につながるカンフル剤のような、頼もしいパートナーのような関係が求められます。

アウトソーシングによって、社内のスリム化が行えるとともに、外部の俯瞰的見地とその道のプロの技術を得ることができ、ひいては自社の発展の足掛かりを得るのです。

 

 

 

 

 

1-2. 今まさに、足りない人手


 

 

そして今、新型コロナの影響で見直されている働き方。多くの企業がテレワークに切り替え、ある程度定着しつつありますよね。

ですが、やはり出社は避けられない業務も存在します。

 

 

・基本業務と並行して行っていたDM発送。
・アンケートのデータ入力。
・顧客カードのデータ化。
・各種満足度調査のデータ入力から集計まで。
・お問合せ窓口のコールセンター業務。

 

 

現場にしか資材がない、設備がない、個人情報をむやみに社外に持ち出せない、などその理由は様々。時差通勤や交代制などで人員を減らしながら、3密を避けつつどうにか営業している企業も多いでしょう。

 

ただ、そうなると生産性は確実に落ちますから、企業にとっては死活問題。
そこで、効率よく、安全に業務を代行してくれるパートナー=アウトソーシングや外注に、今、注目が集まっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. アウトソーシングでピンチをチャンスに!

 

 

 

2-1. その仕事、外注の方が良くないですか


 

さて、コロナによって必要性が高まっているアウトソーシング。

 

ですが、どうせなら、今を乗り切るだけでなく、今後想定される世界的不況に備えたいですよね。

 

アウトソーシングは、そんな「ピンチをチャンスに!」という可能性を秘めているのです。

 

まず、考えていただきたいのが「その仕事は必ずしも自社で行う必要があるのかどうか」

 

物理的に行えない業務はもちろんですが、誰にでもできる作業や、自社で行うと割に合わない仕事もあるはずです。人材は人財。スタッフの能力を最大限に活かすために、業務代行が得策です。

もちろん、その道のプロが最も効率の良い方法で行うので、コストカットにも役立ちます。
さらに、その業務の発展や、付随業務の問題解決に向けての提案力も、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

 

2-2. 人材の教育やレベルアップに


 

 

先ほど、 人材 を 人財 と書きました。

 

アウトソーシングによって業務が減り、スタッフは手が空きます。

 

それにより、

 

貴重な人材の教育や、社内のよりコアな業務に多くの人材を投入することができ、一人ひとりのレベルアップや企画力も向上。

さらに、アウトソーシングによって委託業務の強化が見込めますから、より強靭な企業となり得るでしょう。

 

 

 

2-3. 業務に広がりを!多角化経営の足掛かりに


 

 

「こちらがダメなら、あちらの業務で」。
戦後最大の痛手になるであろう新型コロナウイルスに、どの経営者も危機感を募らせているでしょう。

そんな中でも、

 

攻めの姿勢でどう先手を打つか。

その足掛かりとなるのがアウトソーシングによる事業の発展です。

 

既存の業務を丸投げはもちろんのこと、新規事業を立ち上げからアウトソーシング企業に委ねるのも一つの方法。
専門性の高さや豊富なノウハウで事業をリードしてくれますし、自社の人材を一から育成する手間も省けます。

 

 

3. 選ぶべきアウトソーシング企業のポイント3つ

 

 

 

3-1. 社内以上の生産性とプロならではの提案力


 

 

このように、何かと有効なアウトソーシング。

では、多くのアウトソーシング系企業の中からパートナーに選ぶポイントとは何でしょうか。

 

まずは、委託業務の作業効率の高さ。大量案件での人海戦術はもちろん、たとえ少量の案件でも、いかに効率よくこなすか。定期案件なら、よりシステマティックに確実に作業完了できるかが大切です。
また、作業の流れの提案、改善はもちろん、より効果的な方法や、コスト削減案を常に考え、提案してくれるかも大きなポイントと言えるでしょう。

 

 

 

3-2. 経験や実績が一つの指標


 

 

そんな優秀アウトソーシング企業を見極める一つの指標が、経験や実績。

多くの実績があれば、その分アイデアの引き出しは多いもの。

また、常に最新の情報を保持し、取り入れているかも大きなポイントとなるでしょう。

 

 

 

3-3. セキュリティ問題


 

 

さらに、社外の業務を持ち出し、託すわけですから、個人情報保護等のセキュリティは万全でなくてはなりません。

 

実際にアウトソーシング企業の現場を視察するのも大切ですが、ひとつの目安は規格等を取得しているかどうか。

例えば、国際規格「ISO27001」は、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を徹底しているという証明に。

「プライバシーマーク」は、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が備わっているという認定の証です。

このような規格の元、セキュリティがどう守られているか、丁寧に説明できる企業かどうかも安心材料の一つでしょう。

 

 

いかがでしたか。
実は、データセレクトは創業29年のBPO企業。

 

BPOとは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略。アウトソーシングをさらに進化させ、システムの開発から運用まで、高い専門性で幅広い業務を遂行いたします。

 

 

アフターコロナに向けた働き化の中で、必ずや多くの企業のお役に立てると自負しております。
ぜひ一度、お問合せください。

 

 

 

コールセンターのページはこちら

作業・発送代行のページはこちら

入力のページはこちら

アンケート集計のページはこちら

新型コロナウイルス対策のページはこちら


▼電話でのお問い合わせはこちら
0120-300-155

back to list

CONTACT US
無料見積依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

お問い合わせ・無料見積

タップすると電話がかけられます 0120-300-155 [営業時間]9:00〜18:00 [定休日]土日祝


プライバシーマーク 国際規格「ISO27001」

COPYRIGHT c Data Select Corporation. ALL RIGHTS RESERVED.