BLOG
ブログ

コールセンター 正しい呼び方は?

コールセンター2018.08.28 [Tue]

こんにちは。

データセレクトの坂本です。

みなさんは、コールセンターの正しい呼び方をご存知でしょうか?

 

コールセンター、コンタクトセンター、カスタマーセンター、テレマーケティング

 

様々な言葉で呼ばれることがありますが、全ては電話で(または類似する手段で)お客様の対応をする業務のことを指しています。

具体的にそれぞれの意味を調べてみました。

 

 

 

コールセンター

顧客や消費者のインバウンドやアウトバウンドの電話応対を行う拠点・窓口のこと。

 

コンタクトセンター

電話に加えて、Eメール、Web、ソーシャルメディア、チャット、FAX、ハガキなどの手段で、顧客や消費者の対応を行う拠点・窓口のこと。

 

カスタマーセンター

顧客に対するサービスを提供する組織またはサービスの受付窓口のこと。

 

テレマーケティング

顧客の創造、顧客満足の向上、顧客の保持といったマーケティング・プロセスを、パーソナルで双方向性を持つ各種通信メディアを通じて、円滑かつ効果的に実現する手法である。

 

 

 

コールセンター、コンタクトセンター、カスタマーセンター、テレマーケティングは、お客様(消費者など)からの電話対応を行う部署・部門・手段という意味では同じです。しかし、時代が進むにつれて電話応対以外にもFAXや電子メール、近年ではLINE、チャットボット、AIといったマルチな対応が必要になったことで、コンタクトセンターという言葉が生まれたり、マーケティング要素の考え方をもつテレマーケティングという言葉、手段を用いるようになりました。

 

他にもさまざまな呼び方があります。

オペレーションセンター、サポートセンター、ヘルプデスクセンター、受注センター など

それぞれ呼び方は違いますが、お客様の対応、ご案内をする意味では全て同義語として認識されます。

 

データセレクトでは。電話応対はもちろんFAX・電子メールなどにも対応できるマルチセンターを提供しています。

まずはお客様の「困ったこと」「解決したいこと」を教えてください。

お問合せはお電話、メールにて、営業スタッフが親身にお答えします。

お問合せはこちらより

0120-300-155

 

コールセンター専用サイトはこちらより

セキュリティも万全。セキュリティのご確認はこちらより

 

back to list

ARCHIVE