BLOG
ブログ

健康診断予約コールセンターで実感する、社会貢献

コールセンター2018.07.25 [Wed]

テレマーケティング2018.7.25

みなさま、こんにちはデータセレクトの坂本です。

 

弊社では定期的に勉強会を開催しています。

 

日々の営業活動の中で、様々なクライアント様からいただく「こんなことできない?」というご相談の数々。
各営業マン達は、それらを「こんなふうにできます!」と実現させるわけですが、その事例を社内で徹底共有しているのです。

 

さて、今回の勉強会の講師は、

 

トップセールスですが、社長です。

 

 

 

 

社長業と並行して、敏腕営業マンとしても走り続ける社長・萩野。
パワフルな行動力、天性の嗅覚は、ぜひとも身につけたい営業スキル。その経験値を皆で共有します。

 

萩野社長が語る今回のテーマは、なんと「健康診断」。

 

あれっ?データセレクトの業務って…DM発送、データ入力、それからコールセンター…。

 

それらと健康診断がどう結びつくのか、弊社をご存知の方でしたら、疑問をもたれると思いますが、実は密接に関係しているのです。

 

 

健康診断が、今、必要なワケとは?

 

超高齢社会と言われて久しい日本ですが、近年、その感覚を肌で感じることも多いのではないでしょうか。

日本は65歳以上の人口をしめる割合・高齢化率が急激に上昇し、1995年に「高齢社会」、2010年には「超高齢化社会」へと突入しました。
今後は「団塊の世代」と呼ばれる方々がその域に達し、高齢者率はますます上昇。2025年には約30%、2060年には約40%!人口の半数近い方が高齢者に達する予測です。

そんな中、地方自治体や協会けんぽでは高齢者の長寿命化を促進していくため、

「健康診断を受けましょう」

と促進活動をしています。

 

データセレクトではその促進活動運営のお手伝いをさせていただいているのです。

 

 

ソフトもハードも。両面からコールセンターを運営。

 

では、具体的に何かと言えば、健康診断の予約コールセンター業務の代行です。

電話対応、予約の管理はもとより、健診を受けやすい流れを作りご提案できるのもデータセレクトの真骨頂。

また、予約コールセンター利用者の多くは、ご高齢の被保険者様が対象です。

誠実に受け答えをすることはもちろんのこと、わかりやすく、理解を得られるように言葉を選んで説明し、不安や疑問点をきちんと解消することを徹底しています。

弊社のノウハウを駆使したコールセンターの運営と、卓越したオペレーターの対応が叶える電話口での人と人との細やかなやり取り。
ハード面、ソフト面共に、豊富な経験値とマンパワーを誇るデータセレクトだからこそできる業務と自負しています。

そうして得られる効果は、高齢者の健診受診率を上げることだと考えています。

 

「社会貢献」。

 

この言葉の意味を考え、実感させられる健康診断受付業務。

弊社の利益はもちろんのこと、健診受診率の向上が病気の早期発見、早期治療につながり、さらには高齢者の長寿命を叶える。

誰もが健康で、イキイキと長生きできる未来を担える喜びを、社員一同、日々感じているのです。

 

コールセンターのページはこちら

 

代表挨拶のページはこちら

お問い合わせはこちらより

0120-300-155

 

 

back to list

ARCHIVE