BLOG
ブログ

コールセンター選びは、「席数変動」に注目!

コールセンター2019.12.24 [Tue]

こんにちは、データセレクト坂本です。

常に様々な案件が舞い込むコールセンターの営業現場。
ちょっとしたお困り事も、アイデアを絞り出してお客様にご提案させていただいております。

今回は、その中でもご要望が多々ある「席数変動」についてお話します。

 

コールセンターの費用削減は、席数変動で解決。


 

 

  • 【index】
    1. 席数変動って?
    1-1. 席数変動の仕組み
    1-2. 席数変動のメリット

    2. どんな案件に向いているの?

    2-1. 向いている案件
    2-2. 向かない案件

    3. コールセンター選びの重要ポイントです
    3-1. フレキシブルな対応が魅力

 

1. 席数変動って?
1-1. 席数変動の仕組み


ヘッドセットを付けたオペレーターが、パソコンの前にズラッと並んだコールセンター。

 

席数変動の“席数”とは、そのオペレーターの席の数のこと。
つまり、同時に何件の電話対応ができるか、ということです。

そして、“変動”とは、その名の通り、その時々によって席数が変わるということ。

 

例えば、スタート時は電話が多くかかってくるので10人のオペレーターで対応。
その20日後には、日に数件のみとなるため、1人のオペレーターで。
という具合に、状況によって席数を変えていくのです。

 

 

1-2. 席数変動のメリット


このような席数変動の最大のメリットは、ズバリ、コスト削減。

コールが少なくなった時でも、10人ものオペレーターが待機するのは無駄そのもの。その分の費用を少人数にして費用を抑えることで、大幅なコストカットが可能になるのです。

実は、最初から最後まで同じ席数でというコールセンターがあるのも事実。
その場合、料金システムが違い、「電話を1件取ったら○円」という計算方法だったりするのですが、どんな方法がベストかは、その案件次第といった所でしょうか。

何はともあれ、「席数変動」がコールセンター選びの重要なポイントとなるのは間違いなさそうです。

 

 

2. どんな案件に向いてるの?
2-1. 向いている案件


さて、では実際どんな案件が席数変動に最適なのでしょうか。

まず言えるのは、キャンペーンなどの単発ものの問い合わせや受注。

それから期間限定の申込受付も、スタート時に最も回線が必要です。

 

 

2-2. 向かない案件


では、逆に向かない案件とは?

こちらは、コンスタントに電話がかかってくるもの。
定期的な受注業務や、長期キャンペーンの問い合わせ窓口など、コール数が安定している案件と言えるでしょう。

 

 

3. コールセンター選びの重要ポイントです
3-1. フレキシブルな対応が魅力


 

「でも、今回初めてのキャンペーン。どれくらい電話がかかってきそうか、予想できなくて…」。
席数変動がベストなのか、コール収束がいつ頃なのか、やってみなければわからない、そんなお客様ももちろんいらっしゃいます。

データセレクトは、お客様のお困り事解決の糸口を見つけるプロフェッショナル。
悩みや不安に寄り添うことをモットーとしていますから、今まで培ってきたノウハウや知識をフル活用して対応いたします。

このキャンペーンなら、コール数はこれくらいかな。収束のタイミングはこの時期かな。など経験値からご提案させていただきますし、万が一予測が外れてたくさんの入電数があったとしてもコールシステムにより、待機ガイダンスやIVR(自動音声)でのご提案もさせていただきます。

 

実際にスタートしてからの状況で席数を変えていくことも可能。
もちろん、席数変動が逆に向かない案件と判断すれば、そのようにご提案させていただきます。

このように柔軟な対応を徹底するのは、お客様のベストパートナーであると自負しているから。

席数の数だけでなく、コールセンター業務に関わる様々な要望に可能な限りお応えしながら、業務成功に向かって突き進みます。

 

いかがでしたか。

 

コールセンター選びの一つ指標となる「席数変動」。
さらに、「データセレクト」という選択肢も、ぜひご検討ください。

コンタクトセンターのページはこちら

お問い合わせはこちらより↓
0120-300-155

back to list

ARCHIVE